日本


管理組合のサムネイル
この項目では、マンションなど集合住宅の管理組合について記述しています。 マンションなど集合住宅の管理組合(かんりくみあい)とは、マンションなど集合住宅を管理するために該当建物各室の所有者によって構成される団体。建物の区分所有等に関する法律(以下、区分所有法)に基づく。 本記事では建物の管理
18キロバイト (2,962 語) - 2024年1月10日 (水) 09:54

(出典 www.s-mankan.com)


時給1500円でもマンション管理員の仕事は大変な仕事だから、人手不足は本当に深刻な問題ですね。適切な報酬や労働環境改善が必要だと思います。

【【驚愕】1500円時給でも集まらない?マンション管理員不足の衝撃の理由】の続きを読む


狂乱物価(きょうらんぶっか)とは、1970年代半ば特に1974年(昭和49年)の日本の物価の異常な物価高騰。名付け親は政治家の福田赳夫である。 1972年7月に発足した第1次田中角栄内閣における日本列島改造論は、土地への投機を促す結果となり、積極的財政政策とあいまって急速にインフレーションが進み地価…
4キロバイト (518 語) - 2023年12月27日 (水) 01:16

(出典 news.tv-asahi.co.jp)


今後は4000万円が必要とされるという専門家の分析に驚きを禁じ得ません。

【【愕然】老後2000万円問題は古い?円安・物価高が直撃…今は老後〇〇万円問題】の続きを読む


500 その場でオレンジ果実を絞り提供する店舗もある。 ソーダ・ファウンテン装置向けの濃縮果汁シロップが業務用に提供されており、水でシロップを割り、オレンジジュースやオレンジ果汁入り飲料を提供している。 カクテルには、しばしば柑橘系の果実が用いられる。オレンジも例外ではなく、しばしばその果汁
16キロバイト (1,621 語) - 2024年3月31日 (日) 03:40

(出典 fnn.ismcdn.jp)


オレンジジュースがなくなるのはツライ、、、

【【驚愕】日本でオレンジジュースが消滅か?飲料企業が異例の措置のワケ】の続きを読む


植田 和男(うえだ かずお、1951年〈昭和26年〉9月20日 - )は、日本の経済学者。第32代日本銀行総裁。専門はマクロ経済学、金融論。東京大学名誉教授。 静岡県出身。年金積立金管理運用独立行政法人 (GPIF) 運用委員長、日本銀行政策委員会審議委員、東京大学大学院経済学研究科長、共立女子大…
23キロバイト (2,685 語) - 2024年4月19日 (金) 22:28

(出典 i.ytimg.com)


日銀の金融政策維持は予想通りだったけど、追加利上げの見送りには少し驚きました。物価高継続確定ー、、、

【【速報】どうなる日本?日銀:金融政策を現状維持…追加利上げ見送り】の続きを読む


高」、逆に、低い水準であるとき「円安」という。例えば、今まで1ドル120だったが、1ドル110になった場合には高になっている。(これは1の価値が1/120ドルから11/110ドルにまで上がったということである。)つまり、より少額の「
74キロバイト (12,565 語) - 2024年1月31日 (水) 05:26

(出典 ssl-cache.stream.ne.jp)


円の急落、本当に驚きますね。34年ぶりの安値ということで、今後の展開が気になります。不安定な時期になるかもしれませんね。

【【円安】円急落、156円台を突破…34年ぶり安値更新の可能性】の続きを読む

このページのトップヘ