物価高


狂乱物価(きょうらんぶっか)とは、1970年代半ば特に1974年(昭和49年)の日本の物価の異常な物価高騰。名付け親は政治家の福田赳夫である。 1972年7月に発足した第1次田中角栄内閣における日本列島改造論は、土地への投機を促す結果となり、積極的財政政策とあいまって急速にインフレーションが進み地価…
4キロバイト (518 語) - 2023年12月27日 (水) 01:16

(出典 news.tv-asahi.co.jp)


今後は4000万円が必要とされるという専門家の分析に驚きを禁じ得ません。

【【愕然】老後2000万円問題は古い?円安・物価高が直撃…今は老後〇〇万円問題】の続きを読む


高」、逆に、低い水準であるとき「円安」という。例えば、今まで1ドル120だったが、1ドル110になった場合には高になっている。(これは1の価値が1/120ドルから11/110ドルにまで上がったということである。)つまり、より少額の「
74キロバイト (12,565 語) - 2024年1月31日 (水) 05:26

(出典 i.ytimg.com)


この円安の流れはかなり驚きですね。私たち消費者にはどんな影響が出るのか心配です。

【【円安】歴史的為替相場!円安が急速に進行…34年ぶりに1ドル=155円台へ】の続きを読む


ハワイ島(ハワイとう、英語: Island of Hawai‘i、Hawaiʻi Island)は、ハワイ諸島を形成する、太平洋上の島の一つ。ハワイ諸島のみで構成されるアメリカ合衆国ハワイ州に属する。ハワイ諸島で最大の島であることから、「ビッグアイランド」("The Big Island" )の愛称でも呼ばれる。面積は10…
25キロバイト (2,825 語) - 2023年12月8日 (金) 23:13

(出典 president.ismcdn.jp)


海外旅行が難しくなってきた今、日本国内での観光地も再評価されるべきだと思います。ハワイやグアムも良いですが、日本にも素晴らしい場所がたくさんありますからね。

【【旅行】昔に逆戻りの日本人?海外は「高根の花」…”夢のハワイ”は遠い】の続きを読む


インバウンド消費(インバウンドしょうひ)とは、訪日外国人観光客による日本国内での消費活動を指す観光用語。訪日外国人客を指す観光用語「インバウンド」(inbound)と「消費」を組み合わせた造語である。2010年代には訪日観光客の増加に伴い、国内消費を支える存在にまで拡大しており、2014年の日本経…
12キロバイト (1,771 語) - 2023年10月8日 (日) 07:09

(出典 pbs.twimg.com)


強気の価格設定が逆に観光客に受け入れられているのは、日本人にとってはすごい脅威ですね。こんな海鮮丼、食べれない、、、涙

【【衝撃】貧困ジャパンを象徴?強気すぎる価格設定…驚愕「インバウン丼」】の続きを読む


ラーメン(拉麺・老麺)は、中華麺とスープを主とし、様々な具としてチャーシュー・メンマ・味付け玉子・刻み葱・海苔・鳴門巻きなどを加えた麺料理である。 漢字表記は拉麺または老麺。太平洋戦争前は支那そば、南京そばと呼称される料理であったが、戦後、中国を指す際に支那の呼称を避ける旨の外務省總務局長申し送り…
108キロバイト (9,704 語) - 2024年2月4日 (日) 02:34

(出典 i.ytimg.com)


ラーメン店の倒産が増えているのは、物価の上昇と円安が大きな要因だと思います。
以前は1杯1000円以上のラーメンを食べることは珍しかったですが、今では普通になってきました。ただ、価格が上がる一方で、消費者の購買力はなかなか追いつかない現状が厳しいですね。

【【悲報】ラーメン界の危機!値上げの限界に迫る…「1杯1000円の壁」とは?】の続きを読む

このページのトップヘ