渇望が生じている状態を「依存が形成された」と呼ぶ。依存対象の種類については、物質への依存(過食、カフェイン依存症)や、ニコチン依存症やアルコール依存症といった薬物依存症、過程・プロセスへの依存(ギャンブル依存症、インターネット依存症、借金依存症)、人間関係や関係への依存(共依存、恋愛依存症、セックス依存症依存
14キロバイト (2,317 語) - 2023年2月3日 (金) 03:18
アルコール依存症に陥りやすい人は、自制心が弱いのかと思っていましたが、大麻より依存性が高いとは驚きです。
まじめな人ほど陥りやすいというのは、なかなかその通りだなあと思いました。

【【酒】禁酒法の制定必須?医師が警告…アルコールは大麻よりも強力な依存性】の続きを読む